生体保証

伝染性疾患を持つキャリア猫や家内外自由猫を飼育している方への販売は致しません。(キャリア猫=カリシ・ヘルペス・エイズ)(寄生虫=原虫・線虫)


🐈🐈子猫の生体保障 🐈🐈

動物も人と同じく命ある生きもので有り寿命等、生涯の保障ではありません。生き物に絶対は御座いません、飼い主様にもリスクが有る事をご承知下さい。

保障はあくまでも、繁殖者(当舎)責任の範囲内での保障制度となります。

 具合が悪い場合は、まず当キャッテリーにお電話下さい!!

生命保障

お引渡しから15日以内

当方起因の疾病(ウイルス・細菌)により生体が死亡の場合に限り、生体実価格の100%をご返金いたします。

(注)獣医師との確認にて、死因が当方起因で無いと判断された時、対象外とします。(例:病原の潜伏期間等の判断)

遺伝性疾患(先天性)

先天性遺伝疾患は 両親2項目を実施しております。(PKD・PK欠損症)

その他の遺伝子疾患は 現在では検査不可能となり保障対象外です。

FIP(猫伝染性腹膜炎)

猫誕生の起源よりの生態系によるものであり、保障はありません。

猫が本来持っているウィルスによるもので、完治不可能でワクチンも治療法もありません。今後の医療発展に期待しております。

保障の免責事項

下記事項に該当の場合、保障対象外、免責と致します。

  1. 保障期間満了の場合。
  2. 動物取扱業者(全て)とのお取引の場合。
  3. 生体を多頻度に外泊(ホテル、知人宅など)させる飼育環境の場合。
  4. 原因不明、突発性(後天性・急性)、FIPの場合
  5. 常識的な飼育方法に反する飼育、管理の場合。
  6. お客様の故意、過失が原因の場合。(逃走、盗難、事故、虐待)
  7. 獣医師による適切な治療を受けさせなかった場合。
  8. 同居のペット、又は第三者の原因で感染発病、死亡した場合。
  9. 災害に起因する怪我、病気による死亡の場合.。
  10. 完全室内飼育、適切な時期のワクチン接種を怠った場合。
  11. 適正期の去勢避妊手術を意図して怠った場合。(猫のリスク大)
  12. 所有者が契約時と異なる場合。転売その他の譲渡=代理者による購入など。
  13. 契約者様以外の保障請求の場合。
  14. 虚偽の報告、請求について法的手段を講じるような場合。
  15. 死亡後3日以内にご連絡、2名獣医師の死亡診断書提示がない場合。
  16. 費用(医療、診断書、交通、埋葬)、精神的な慰謝料等は対象外です。

※ 掲載の写真はコピー・転用禁止です。写真は動物プロカメラマン福田 豊文さん撮影。


ホームへ
ホームへ